むくみがあるときに気をつけたいこと

むくんでいるときは、皮膚を傷付けないように、できるだけ清潔にするよう意識しましょう。むくんでいるときは傷口から細菌が感染しやすく、清潔に保たないと、他の病歯にも繋がる恐れがありますので、気をつけるよう心がけてください。不規則な生活習慣や、過労からでなく、その他の要因によってむくむというときは、何らかの病気のシグナルであることも考えられます。

むくみも症状が長引くのなら、血液検査を受けに病院に行くようにしましょう。むくむと、細胞への養分のとりいれや、老廃物の排出もうまくいかなくなります。

一旦むくんでしまってから、さらにむくみが悪化するのは、こういった負の連鎖があるからです。

こういったこともあるので、充分な睡眠や休息をとるようにして下さい。カリウムを充分にとり、利尿作用のある食品も積極的に食べるようにしましょう。